平成29年度 済生会京都府 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 538 158 141 257 257 400 694 1319 1239 371
平成29年度に当院を退院した5,374名の退院患者様について、各年代別に集計しています。
京都府乙訓地域(長岡京市・向日市・大山崎町)を中心として、60歳代以上の患者様が67.0%を占めています。
乙訓地域の他、京都市や大阪府の一部からも入院患者様を受け入れています。
乙訓地域では今後ますます高齢化が進むといわれており、高齢者の様々な疾患に対応できる入院設備をさらに充実させていきます。
また、乙訓地域の地域周産期母子医療センターとして、ハイリスクのある分娩の取り扱いを行うとともに、集中的な治療が必要な新生児を入院させるNICUの設備も備えており、10歳未満の入院患者様も一定割合あります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 150 26.3 20.8 10.7% 83.7
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 54 18.5 12.3 9.3% 80.1
100380xxxxxxxx 体液量減少症 54 15.6 9.2 11.1% 80.4
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 40 12.0 13.5 5.0% 72.4
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROP スコア1 39 20.1 13.5 7.7% 85.4
内科の最も多い疾患は肺炎であり、次いで尿路感染症、体液量減少症(脱水症)となっております。平均年齢は80歳を超えており、高齢の患者さんが多いのが特徴です。
※終夜睡眠ポリグラフィー検査や内視鏡的大腸ポリープ切除術に係る患者数は非DPCのため集計対象外としている。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 85 4.7 5.9 0.0% 1.8
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 53 3.4 5.5 0.0% 5.4
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 6.0 6.3 0.0% 2.2
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 5.4 5.7 0.0% 2.6
030270xxxxxxxx 上気道炎 30 5.8 4.8 0.0% 2.6
※小児食物アレルギー負荷検査に係る患者数は非DPCのため集計対象外としている。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 38 4.7 5.6 0.0% 31.7
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 23 9.2 7.4 0.0% 53.3
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 23 16.3 15.6 0.0% 76.3
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 22 6.3 4.5 0.0% 65.5
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 20 12.6 9.9 0.0% 55.9
胃・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓等の外科治療に対応。消化器外科を専門としています。また、低侵襲の腹腔鏡下手術を積極的に行っており、患者さんの早期社会復帰にも心がけています。。
※鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術、痔核手術等に係る患者数は非DPCのため集計対象外としている。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 17 13.4 11.5 5.9% 73.4
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 14 2.0 4.5 0.0% 65.6
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 13 12.8 10.2 7.7% 67.2
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり - - 4.2 - -
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし - - 6.4 - -
※ハイフンは症例数10未満。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 106 38.8 27.1 39.6% 82.3
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 47 6.8 5.2 0.0% 53.2
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 41 24.7 19.9 9.8% 81.7
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 27 13.5 11.4 0.0% 35.8
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 16 27.4 20.0 12.5% 75.5
高齢者の転倒が原因とする大腿骨頚部骨折症例が最も多く、術後の治療には、リハビリが不可欠であり、回復期病院等と連携しております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 26 17.9 16.4 15.4% 71.7
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 11.0 7.3 0.0% 77.6
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 7.1 9.7 0.0% 79.6
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 18.0 19.1 41.7% 74.5
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.2 - -
脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷等の治療を行っています。回復期へ移行した患者さんは、積極的に回復期病院等への紹介を行っています。
※ハイフンは症例数10未満。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 15 11.7 9.0 0.0% 76.7
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11 11.9 11.7 9.1% 77.0
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり - - 45.5 - -
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 12.1 - -
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - 11.5 - -
※ハイフンは症例数10未満。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 43 7.2 7.3 0.0% 76.1
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 14 12.5 12.9 0.0% 67.9
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 13 12.7 12.3 7.7% 75.5
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 11 8.9 5.8 0.0% 65.0
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病なし 10 5.2 5.4 0.0% 63.1
前立腺癌、膀胱癌などの泌尿器腫瘍、排尿障害や尿路結石、尿路感染症といった泌尿器一般の疾患を扱っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 26 20.6 20.4 7.7% 31.1
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 25 8.2 6.4 0.0% 45.1
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 24 9.1 9.8 0.0% 32.4
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 23 2.4 7.4 0.0% 72.5
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 定義副傷病なし 21 3.6 4.6 28.6% 54.7
産科と婦人科疾患の診療を行っています。婦人科疾患では子宮筋腫などの良性疾患や悪性腫瘍など対応しています。
※子宮頸部切除術、子宮鏡下子宮筋腫摘出術に係る患者数は非DPCのため集計対象外としている。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 19 7.1 5.2 0.0% 67.7
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 13 9.2 5.5 0.0% 43.8
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 11 8.8 7.2 0.0% 38.9
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 11 9.3 8.0 0.0% 21.7
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 10 8.5 7.6 0.0% 52.9
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 82 3.0 3.0 0.0% 71.3
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 3.2 4.6 0.0% 69.3
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 23.1 17.7 1.6% 79.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 36 29.4 20.8 11.1% 85.6
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 11.2 11.2 0.0% 77.0
最も多い症例は虚血性心疾患であり、狭心症や心筋梗塞として広く知られています。急性心筋梗塞や不安定狭心症の診断確定後は直ちに冠動脈造影検査をおこない、冠動脈に病変が認められた時は、引き続いてステント留置術などのカテーテルインターベンション(PCI)治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 12 - 16 - 21 1 第7版
大腸癌 26 21 23 21 - 61 1 第7版
乳癌 15 11 20 - - - 1 第7版
肺癌 - - - - - - 1 第7版
肝癌 - - - - - 43 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌の中でも日本人に多い主要5大癌について、初発癌の進行度合(ステージⅠからステージⅣおよび不明)ごとに集計しました。
(※ハイフンは症例数10未満)
「再発」は部位によらず癌が再発した患者様の実数を集計しています。当院では、初発で診断される癌は、大腸癌、胃癌、乳癌の順で数が多くなっています。
癌検診の重要性がますます高くなっていることが分かります。
当院は、乙訓地域の癌診療の拠点病院として集約的専門的な癌治療を行うとともに、患者様への情報提供や相談支援を行っており、 「京都府がん診療推進病院」第1号として京都府より認可されています。
また、当院は他の疾患に加えて癌診療についても乙訓医師会の開業医様と連携しており、高度な検査や手術は当院で、日常の診療をかかりつけ医でというように、患者様の症状に応じた切れ目のない治療が提供できる、がん地域診療連携体制を構築しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 29 9.1 55.7
中等症 142 21.6 81.6
重症 11 24.3 84.2
超重症 13 27.7 86.2
不明 - - -
成人の市中肺炎(日常生活中に感染し肺炎と診断されたもの)について、重症度別に分類しています。
肺炎の重症度分類はA-DROPスコア(年齢、脱水症状、呼吸状態、意識障害の有無、血圧低下)に基づいていて、
1項目当てはまるごとに1点と数えて、5点満点で分類されます。
重症度が高くなると入院日数が伸びる傾向にあり、また高齢者ほど重症度が高くなる傾向にあります。

軽症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重症:3点の場合。ただし、意識障害(ショック)であれば1点でも重症とする。
超重症:4~5点の場合。
※ハイフンは症例数10未満。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 94 27.1 77.2 27.7
その他 - 21.3 75.1 11.1
当院の脳梗塞入院患者様について、ICD分類(国際疾患分類)別に集計しました。
当院では超急性期脳卒中加算(近畿厚生局京都事務所届出受理番号:超急性期第1号)の施設基準を取得しており、「脳梗塞後4.5 時間以内である患者」に対して、医学的条件に基づいた上でアルテプラーゼ(rt-PA、遺伝子組み換え組織プラスミノーゲン活性化因子)を使用する治療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 99 0.1 1.3 0.0% 71.7
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 46 2.0 15.2 2.2% 80.8
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 29 0.4 7.7 3.4% 75.6
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 21 0.9 8.1 0.0% 74.6
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 19 0.8 5.8 0.0% 70.5
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 60 0.9 3.0 0.0% 73.2
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 53 5.5 5.8 0.0% 61.3
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 38 0.1 3.6 0.0% 31.7
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 25 3.2 12.9 0.0% 74.8
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 20 0.0 11.6 0.0% 55.9
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 14 1.6 10.2 7.1% 73.0
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 12 1.0 10.7 8.3% 66.8
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) - - - - -
K4766 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施するもの - - - - -
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル未満 - - - - -
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 72 1.6 32.4 31.9% 78.8
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 53 4.3 34.9 41.5% 83.5
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 48 2.3 29.1 2.1% 56.0
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 28 1.4 3.6 0.0% 61.9
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 22 2.5 29.3 0.0% 63.6
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 2.1 12.1 5.9% 81.8
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 - - - - -
K1781 脳血管内手術 1箇所 - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 44 2.4 3.8 0.0% 75.7
K843 前立腺悪性腫瘍手術 14 1.0 10.5 0.0% 67.9
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 1.8 7.6 0.0% 72.6
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 11 2.1 5.8 0.0% 65.0
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 35 5.5 7.3 0.0% 33.1
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 28 0.9 6.3 0.0% 41.2
K877 子宮全摘術 18 1.0 7. 0.0% 51.6
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 17 7.9 7.2 0.0% 32.3
K861 子宮内膜掻爬術 14 0.0 0.4 0.0% 55.4
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 404 0.6 1.0 0.0% 77.0
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 11 0.5 7.4 0.0% 38.9
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 11 1.0 8.2 0.0 206
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの - - - - -
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術 直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの - - - - -
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 61 3.3 4.3 0.0% 72.0
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 3.1 6.6 0.0% 75.0
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 21 0.0 17.7 4.8% 77.9
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 14 3.1 11.9 0.0% 80.3
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 10 1.4 1.2 0.0% 70.2
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.26%
異なる - -
DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症、その他の真菌症および術後合併症の発生率を集計しています。
※ハイフンは症例数10未満。
更新履歴