病院案内

院長挨拶

院長中村直登

院長 中村直登

 明治44年(1911年)2月、明治天皇が「恵まれない人々のために施薬救療し、済生の道を弘めるように」との済生勅語に添えてお手元金を下賜され、これを基金に官民から寄付金を募って恩賜財団 済生会が創立されました。その京都府支部によって運営されているのが済生会京都府病院です。当院は、昭和4年(1929年)7月、京都市北区に開設しました。昭和58年(1983年)に現在の地に移転し、以来四半世紀以上にわたって、京都府乙訓地域(長岡京市、向日市、大山崎町)の中核病院として、地域住民の保健・医療・福祉をしっかりと支えることを目指して活動しています。

 当院の特徴を列挙しますと、まず「地域医療連携の推進」があります。京都府内第1号となった開放型病床を有し、高度医療機器を地域の医療機関に開放しています。平成20年(2008年)8月には地域医療支援病院に認定されました。次は「質の高い医療の提供」です。思いやりの心を大切に、和やかなチームワーク環境の中で、先進の医療機器と技術を駆使して、安全・安心な医療を提供します。日本医療機能評価機構(一般病院2 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0)の認定を取得し、各種学会から多くの施設認定を受けています。

 「がん診療から在宅医療」まで、時代とともに変遷する疾病構造に柔軟に対応しています。がんについては化学療法室、放射線治療装置(リニアック)を設置し、緩和ケアにも力を入れています。福祉相談室、訪問看護ステーションが、退院後の患者さんをサポートします。また、理学療法、作業療法および言語聴覚療法という「総合的なリハビリテーション」を、より早く、より安全に提供しています。地域リハビリテーション支援センターとして、地域の急性期から回復期、維持期へと切れ目ないリハビリテーション体制の構築に努めています。 「健診センター」を設置して、人間ドック、特定健診・特定保健指導、その他の各種健康診断を行っています。地域住民が健康に過ごせるように、もし病気が見つかった時には早期に治療していただけるようにお手伝いします。さらに「学びやすく働きやすい職場」も自慢の一つです。医師臨床研修病院として、また、看護師、医療技術職、救急救命士などの実習病院として、次世代医療者を積極的に育成しています。女性職員が安心して働き続けられるように院内保育室を設置しました。病後児保育も併設し、地域住民の子育ても支援しています。

 一方、済生会創立100周年に合わせて、無料低額診療事業を一層推し進め、新たに生活困窮者支援事業「なでしこプラン」を始めました。当院はこれからも、地域住民にとって何でも相談しやすく、安心して頼れる、利便性の高い身近な総合医療施設として、地域に貢献し続けます。
ページトップへ