病院案内

社会福祉事業

済生会のなりたちと社会福祉事業

済生会は明治44年、明治天皇が時の内閣総理大臣・桂太郎を御前に召され、「生活苦で医療を受けることができずに困っている人たちを施薬救療(無償で治療すること)によって救おう」と「済生勅語」を発し、お手元金150万円を下賜されたことに始まり、創立しました。
当院は、その『済生(いのちをすくう)』の精神を掲げ、生活困窮者への支援を行います。
image

主な社会福祉事業活動

無料低額診療事業

『無料低額診療事業』とは、社会福祉法に基づいて、社会福祉法人や財団法人等の定められた医療機関が、生活困窮者を医療で救済する「施薬救療」を目的に生活保護受給者をはじめとして低所得者の医療費を免除または減額する事業です。
医療費や生活のことでお困りの方に、医療ソーシャルワーカーが相談をお受けしています。
この制度の条件については、福祉相談室までお気軽にご相談ください。


生活困窮者支援事業(なでしこプラン)

済生会全体の事業として、生活困窮者を支援する事業「なでしこプラン」を実施しています。
なでしこプランとは、済生会創立の理念である「施薬救療」を根本として、医療・福祉サービスにアクセスできない人々を支援しようとスタートした事業です。
ホームレスや家庭内暴力(DV)被害者、刑務所出所者、障害者、高齢者、在留外国人等で、医療・福祉サービスにアクセスできない方や、無料低額診療事業の対象となる方を対象に、関係職員によるチームを編成し巡回健診、予防接種、健康相談等を行っております。

詳しくは済生会本部ページをご参照下さい。     
ページトップへ