病院案内

当院の取り組み

チーム医療

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム(NST)は医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士・管理栄養士により構成されています。各専門スタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い、患者さんにとってより良い方法で栄養状態を保持・改善する支援を行っています。栄養状態が悪いと治療後の回復が遅れたり、手術後の感染症や合併症を起こすことがあります。このような問題を解決するために活動しています。

<主な活動内容>
*週に1回、NSTメンバーが集まり、栄養療法を検討しています。
○栄養状態の把握・評価を行い、適切な栄養量が確保できているかを確認しています。
○適切な栄養量を確保するために、栄養補給方法(食事・輸液)を調整しています。
○栄養管理に伴う合併症の予防や早期発見につなげています。


褥瘡対策チーム

・院内褥瘡対策について 
高齢化に伴い寝たきりの患者様が増え、入院時に主疾患とは別に、褥瘡(床づれ)を発生している事が有ります。また褥瘡は、高齢の寝たきり患者様にできるものと思いがちですが、怪我や病気の症状などで、十分に寝返りが出来なくなった時に若い方にも出来ます。当院では入院中の患者様が、安心して療養できるように褥瘡対策に取り組んでいます。


<院内褥瘡対策委員会>
○構成委員
 皮膚科医・外科・整形外科の各診療科の医師
 管理栄養士、薬剤師、理学療法士
 職員課(事務系職員代表)
 副看護部長、病棟看護師(各病棟1名)、手術室看護師、外来看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師多職種で構成された各委員が、職種の特性を生かした多面的で総合的な褥瘡ケアを協働する為、日々意見交換を行いながら、より質の高い褥瘡ケアの実現を目指しています。


<看護部褥瘡対策委員会>
○構成委員
 副看護部長、病棟・手術室・外来看護師(各部署1名)、皮膚・排泄ケア認定看護師・患者様の一番近くで質
 の高いケアを提供するために、常にケアの方向性と褥瘡発生・悪化の予防対策に必要な知識の共有や確認
 を毎月1回行っています。
○内 容
 ケア用品やマットレスなどの院内採用時の意見交換
 院内褥瘡有病率、院内褥瘡推定発生率の共有
 院内皮膚障害の発生状況の共有
 各部署内カンファレンス結果の報告   他


<褥瘡対策チーム>
○褥瘡対策チームは、院内褥瘡対策委員会のコアメンバーで構成されています。
○褥瘡のある患者様の治療・ケアに、週に1回、皮膚科・外科・整形外科の医師、管理栄養士、薬剤師、理学
 療法士、看護師のチームが回診を行っています。多職種で話し合いながら、治療の方法やケアの方向を決
 めて褥瘡の悪化予防と早期治癒を目指しています。

摂食嚥下サポートチーム

入院時から治療とともに摂食嚥下(せっしょくえんげ)ケアを開始しています。まず、「口から食べられるお口づくり」に力を注いでいます。全身状態の安定を図り、病院スタッフに関わらず地域の関係者も参加型で嚥下回診を実施し、目標の共有や方向性について検討しています。私たちは「口から食べる」ことへのケアを大切にし、可能な限り患者さんやその家族の意思を尊重しながらチームで取り組んでいます。

ページトップへ