病院案内

当院の取り組み

医療安全・感染防止対策

医療安全

・医療安全管理
医療安全体制の強化が、声高に言われるようになったのが1999年、患者取り違え手術・薬剤の取り違え・呼吸器の蒸留水取り違えによる死亡事故が発生した医療安全元年と言われる年でした。医療を受けられる患者さん・ご家族のみならず、医療を提供する側の職員を含め、医療の関わる全ての人々が安心・安全に医療を受け・実施できる体制・環境を整えて、事故発生の災禍から守るための活動です。その為に、未然にエラーを起さないシステム作りや発生したエラーを報告してもらい原因分析・対策の検討・他部門との共有等により、同様の事故やさらに重大な事故に発展しないシステム作りなどを行っております。組織内の安全体制作り、手順整備、職員の知識・技術を向上させるための研修、実施状況の監査、患者さんの医療相談への対応等を職員と共に行い、組織の安全文化を高め、医療の質を高めるよう活動しております。なお、当初発足した医療安全管理室は、平成23年度より医療安全管理部として、院内中央部門に位置づけられております。

<管理部の構成>
        医療安全管理部長(医師・副院長兼任)    1名
        医療安全管理者(看護師・専任)       1名
        医薬品安全管理責任者(薬剤師・兼任)    1名
        医療機器安全管理責任者(臨床工学士・兼任) 1名
        医療事務職員(総務課係長・兼任)      1名

 更に当院では、医療安全管理委員会・MSM(メディカルセイフティマネージメント)部会、看護部安全対策委
 員会が各分門・部署から選出されており、数多くの役割を分担し、裾野を固める役割を果たしています。

感染防止対策

患者さんやご家族、院内で働く職員を感染から守るために、院内感染防止対策委員会と感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)と看護部感染防止対策委員会を中心に院内感染対策に取り組んでいます。

<院内感染防止対策委員会>
・院長、事務部長、看護部長をはじめ、各部署の所属長を中心に構成しています。
・毎月1回会議を開催し、感染対策の方針などを検討しています。
・耐性菌や流行性疾患の発生状況や、抗菌薬の使用状況を共有しています。
・今後国内での流行が予測される感染症が発生した場合や、院内で感染症の拡大が予測される場合などは、
 緊急会議を開催し迅速な対応方法を検討します。

<感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)>
・医療現場での感染対策を推進するために医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務で構成されたチーム
 です。
・毎週1回、ICTラウンドを実施しています。ICTメンバーで耐性菌の発生状況、感染対策の実施状況、抗菌薬の
 使用状況を共有し、時には主治医や病棟課長を交えて治療や対策について検討します。また、環境ラウンド
 も並行して実施し、各部署の環境が整理・整頓され清潔に管理されているかをチェックしています。
・年2回、全職員を対象とした院内感染対策研修会を開催しています。
・各部門で感染対策教育を実施しています。
・院内感染の発生率に関するサーベイランスを実施し厚生労働省(JANIS)に報告しています。
・年1回、近隣の施設同士で感染対策の実施状況を相互にチェックしています。
・年4回、近隣の施設を対象に地域連携感染対策カンファレンスを開催しています。

<看護部感染防止対策委員会>
・各病棟、外来、手術室の看護師で構成された委員会です。
・看護師一人一人が適切な感染対策を実施できるように取り組みをしています。

ページトップへ