プログラムの紹介

臨床研修プログラム 基幹型・協力型共通

1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
研修科目 内科 救急 産婦人科 小児科 麻酔科 循環器内科 内科
2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
研修科目 選択科目 救急 精神科 選択科目 地域医療 選択科目
  • 内科(6ヶ月)は、総合診療内科・消化器内科・糖尿病内科・循環器内科を中心に副主治医として患者を担当し、内科系救急に対応する。
  • 救急(3ヶ月)はICU、病棟において外科・消化器外科・乳腺外科・整形外科・脳神経外科を中心に副主治医として患者を担当し、外科系救急に対応する。
  • 麻酔科(2ヶ月)、産婦人科(1ヶ月)、小児科(1ヶ月)は必修科目とする。
  • 地域医療(1ヶ月)・精神科(1ヶ月)は近隣の病院・診療所で研修する。
  • 選択科目(9ヶ月)は複数科目を選択できる。協力病院での研修を希望する場合は、調整の上、時期を決定する。

診療科目紹介

内科

診療科紹介メッセージ

内科 中島先生

初期研修では、幅広くいろいろな内科疾患を数多く経験していくことが重要です。当院は、地域中核病院としての性格上、さまざまな内科疾患患者が救急搬送されてきたり、近隣の開業医の先生方から紹介されてこられたりしますので、必然的に経験できる疾患も多岐にわたります。では患者数が多ければ多いほどいい研修病院なのでしょうか。もちろん、しっかり消化できればいいでしょう。しかし個々の症例に対する理解が不十分なまま、ただ指導医に言われるまま多くの患者をみて、いつの間にか変な自信をもって、患者に上から目線で診察している、でもいろいろ試問すると、あまり深い理解ができていない、というパターンが往々にしてあります。当院の内科研修では、個々の症例を大切にしていき、実際の症例から学んでいこうという理念のもと、他に追随を許さないほど徹底した症例検討会『内科症例検討道場』を毎週行っており知識を整理していただく場として、きっと初期研修のお役に立てると思います。

救急

診療科紹介メッセージ

救急診療部長 藤先生

当直の救急研修では、1年次の内科ローテーションの時期から月3-4回の救急当直研修を開始し、研修医の早い時期から救急診療を研修します。2年次でも外科系の選択診療科の期間中は外科系の救急当直研修を行い、研修医2年間を通してプライマリーケアとしての救急診療の習得が可能です。反応の無かった患者さんに対する救急対応が、肌の色や意識レベルの回復およびバイタルサインの劇的な改善をもたらすことは救急医の大きなモチベーションであり、救急診療の醍醐味といえます。さらには、慢性疾患診療や専門科診療ではあまりお目にかかれないような、生活や社会の生々しい状況を背景とする一種の人間ドラマとダイレクトに遭遇することもあり、感慨深いものです。救急医療は医療の原点ともいえます。私たちと一緒に地域医療への貢献、さらには人生研鑚をしてみませんか。

麻酔科

診療科紹介メッセージ

麻酔科 堀先生

麻酔は患者を眠らせて終わりではありません。手術中の患者の全身管理を行い、安全に手術を遂行するために重要な役割を担っています。そのために術前、患者の状態を丁寧に詳しく評価する必要があります。手術の対象となる疾患だけでなく患者の状態を最も理解している、するべき医師であるべきと言えます。また、麻酔科医は手術中の痛みに対応する必要性から疼痛管理のスペシャリストです。術中、術後の疼痛管理に限らず、ペインクリニック、緩和医療へも活動の範囲は広がっています。麻酔をすると外科系各科の手術の様子を外から見ることができ、外科系志望の先生は進路決定の参考にもなりますよ。

産婦人科

診療科紹介メッセージ

産婦人科 小川先生

済生会京都府病院の産婦人科では周産期、婦人科良性疾患、悪性腫瘍、骨盤臓器脱など多岐にわたり、幅広くいろいろな症例を経験することができます。周産期では妊婦さんが安全に出産できるよう助産師さんと注意深く経過を観察します。無事に分娩されたときにはともに感動できることでしょう。また当院は母体搬送の受け入れもあり、ハイリスク分娩に関わることもあります。週2日ある手術日には開腹手術、腹腔鏡手術、子宮鏡手術や骨盤臓器脱手術などの様々な手術に入って、実際に手を動かすことで、面白さを体感できます。また入院担当医として患者さんの治療に当たりよく考え、勉強し、手技を身につけているうちに、知識やできることがどんどん増えていくのを実感できる楽しい研修になることでしょう。優しい指導医の先生、明るく気さくな病棟・外来スタッフとともに充実した日々を過ごせます。女性の一生に関わる産婦人科、きっと興味を持っていただけると思います。

小児科

診療科紹介メッセージ

小児科 勝見先生

済生会京都府病院小児科は乙訓地域唯一の小児の入院施設をもった病院ですので近隣の開業医から幅広い疾患が集まってきます。「小児科のプライマリーケアをできるだけたくさん短期間で経験したい」と考えている先生はぜひ研修に来てください。やる気のある先生にはどんどんチャレンジしてもらえるような環境を目指しています。

外科

診療科紹介メッセージ

外科 石原先生

外科の特色はやはり手術です。自らの手を頼りに疾患に立ち向かっていくスリルと、深く感謝を受ける達成感は、何物にも代えがたい満足感を生み出します。来年度より当院の外科は自分が最若手となりますので、外科を望まれた皆々様には過保護なくらいに、専門医の医師達がこぞって指導をしていくことになろうかと思います。もちろん将来他科を志す方であっても、容易な処置であれば自身で出来るようサポートさせて頂きます。ぜひ済生会へ、ぜひ外科へ。

整形外科

診療科紹介メッセージ

整形外科 久本先生

こんにちは。整形外科4年目の久本和史です。整形外科は外傷から慢性疾患と広い分野に及びます。当院では、高齢者の転倒による外傷に加えて高エネルギー外傷も積極的に受け入れています。整形外科医は4人体制で行っているので、任せて頂ける内容も多く、日々充実した仕事を行っています。

脳神経外科

診療科紹介メッセージ

脳神経外科

coming soon

皮膚科

診療科紹介メッセージ

皮膚科

coming soon

泌尿器科

診療科紹介メッセージ

泌尿器科 稲葉先生

泌尿器科では、悪性腫瘍(前立腺がん、膀胱がん、腎がん、精巣がんなど)、排尿障害(前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿失禁など)、尿路結石症、尿路感染症など多岐にわたる疾患を取り扱います。急速に進行する高齢化に伴い、先に述べた疾患の患者さんの数は増加傾向で、泌尿器科医の臨床的需要は高まるばかりです。そのような状況をふまえて、泌尿器科学の知識を広げ、深めてもらえるように皆さんの研修のお手伝いをさせていただきます。

耳鼻咽喉科

診療科紹介メッセージ

耳鼻咽喉科 松岡先生

当科は常勤医2名で月・水・金の外来診療を行っており、外来に訪れる患者は中耳炎や副鼻腔炎から悪性腫瘍まで様々です。そのため限られた診察時間の中で患者の訴えから必要な検査をオーダーし診断を進める必要があります。
また、手術も日帰り手術から数時間におよぶ手術まであり、基本的な外科手技から専門的な技術まで幅広い手技が求められます。
このような診療から治療までの一連の流れを、時には他科のドクターと連携しながら経験できるのが当科の特徴です。
耳鼻咽喉科を志す方のみならず、将来進む科をまだ決めていない方も是非一度見学にお越しください。

週間スケジュール(内科研修)

 
午前 入院担当患者回診
救急 腹部エコー
昼食勉強会
点滴番 胃カメラ 初診外来
午後 救急 フリー
(ERCP手伝い)
フリー
(GIF・CF手伝い)
救急 初診患者
復習勉強会
入院担当患者回診
内科カンファレンス
症例発表
内科症例
検討道場
医局会   当直

先輩メッセージ

初期研修医
杉本 先生

私は研修医の人数が多すぎないところで研修することを優先して選びました。数ある研修医の間で、医療に接する機会が分散しにくい場所がよかったからです。実際、今は消化器内科ローテート中で、ルート確保や腹部エコーはもちろんCVカテーテルや腹腔穿刺に始まり、先日は胃瘻造設まで携わらせていただけています。
やりたいこと、身につけたい技術を、好きなだけ好きなように経験できるというのは、中規模病院での研修ならではで一番の魅力だと思います。
また、科同士の垣根が低いのも利点です。医局内には全Drの机が並んでいて、対診患者さんのことなどよく話されていますし、質問などしやすい雰囲気が感じられます。
日曜日に内科入院患者さんを診に行った時など、たまたま外科の先生がおられて「脾破裂で脾摘する人おるわー」と聞き急遽オペ室に入らせてもらったり。非常に融通の利きやすい環境です。
内科部長の中島智樹先生を始め、毎週の勉強会があったりなど充実した研修生活を送っています。
大規模病院のように雑務に追われて…というのが少ないのも、自身の勉強に時間を割ける強みかなと思います。

初期研修医
多田先生

済生会京都府病院での臨床研修について
1年目はまず4か月間の内科ローテから始まります。内科の最初の1か月間で上級医とともに病棟の患者を担当しつつ、救急室にて採血、末梢ルートの取り方等の基礎的な手技の実践と診察をします。他の病院では病棟業務だけで、研修初期に初診の患者の検査や治療にかかわることは少ないところも多いため、当院の体制は魅力的であると思えるところです。2か月目以降は各個人の状態を見極めつつ、担当する患者の数が増えたり、副直がはじまったり、外来に問診や診察をしたりする他、内視鏡室やエコー室での補助業務や勉強が追加されます。このころになると任せてもらえる仕事も増え、医師として働いているという実感が出始め、モチベーションが上がってきます。その後内科で学んだことをベースに外科、整形外科、麻酔科、産婦人科、小児科、循環器内科を1年かけてローテしていきます。
当院は他にも他職種間の関係性が良好なことも魅力的です。病棟も外来も看護師をはじめとした他職種の協力のもと成り立っており、右も左もわからないスタート時はとにかくお世話になり、教えてもらうことが多いです。研修医1年目でも医師として扱われるため、自覚を持って業務にあたることができ、さらに育てていこうとしてもらえる環境はとてもありがたい環境だと思います。
規模としては小さいですが、担当する患者が少ないわけではなく、また足りない部分に関しては勉強会を週1で開催してくださっているため、満足のいく研修ができることと思います。