プログラムの紹介

各科のプログラム紹介

先輩メッセージ

後期研修医
内科 下村先生

消化器内科後期研修医3年目の下村です。
僕はこの病院で初期研修と後期研修を行っています。
まず当院の特徴としては決して大規模とは言えない病院ですが、中規模であるがゆえに各科の垣根が低く、科を越えて相談しやすいところなど挙げられます。
また同年代の医師が多くはないですが、そのために症例を取り合うことなくしっかりとした症例数を経験できることなども大きな特徴であります。初期研修中でも自分の希望によって様々な手技を科にとらわれることなく教わりながら習得することも可能ですし、全体の症例数としては多くはないかもしれませんが医師も少ない分1人当たりで担当する症例数は多く、充分な症例数を経験できていると実感しております。
自分の場合は内視鏡など中心に研修を積んでおり、ESDやERCPなども多数の症例を主となって治療を行っており、中規模病院には中規模病院なりの良さがあるものと思います。
基本的な手技等をしっかりと積みたいという方は是非当院に見学に来て頂き、研修の雰囲気など見てもらえればと思います。

後期研修医
外科 片岡先生

外科医員の片岡智史と申します。私は初期研修を当院で2年間行い、消化器外科を志し、京都府立医科大学消化器外科に入局しました。医局人事で当院の外科医員として働いています。当院のほとんどの診療科が京都府立医科大学の医局人事となっております。
1週間のうち月水木曜日が手術日、火曜日が外来となっていますが、臨時や緊急手術は休日夜間問わず行っております。手術だけではなく化学療法も行い幅広くかつ深い知識を身につけることができると思い、日々働いています。
当院は決して規模の大きい病院ではなく、マイナー科が少ないなど、働く上で稀に不便なことはありますが、メジャー科は揃っており、さらに診療科通しの垣根が低くとても働きやすい病院であると思います。メインは外科・消化器外科ですが、体表外科、呼吸器外科、小児外科領域、外傷外科の治療も主治医で行い、乳腺外科の手術にも助手として参加しています。さらに人手が必要なときは脳外科、整形外科、産婦人科の手術に前立ちで参加できるなど、外科医としての技量を磨くには申し分のない環境と言えます。