お知らせ

トピックス

春の兆し

トピックス

2017.03.13

 春の訪れと共に、当院の第一駐車場のやま桜が咲き始めました。
桜の花の蜜を吸いに、めじろが集まってきております。
可愛らしい仕草に、写真を撮ってみました。
  • めじろとい桜1

  • めじろと桜2

第2回 済生会京都府病院 市民公開講座を開催しました。 

トピックス

2017.03.02

 平成29年2月19日(日)、当院主催の「第2回 済生会京都府病院 市民公開講座」を中央生涯学習センター(バンビオ1番館)2階 市民ギャラリーにおいて開催いたしました。
当日は天候にも恵まれ、一般の方々と当院職員合わせて71名の参加があり、たくさんの方にご来場いただき誠にありがとうございました。

 今回の講座は三部構成となっており、第一部では、当院内科部長の中島智樹による「“沈黙の臓器”肝臓」をテーマとした『撲滅しようC型肝炎』の講演、第二部では、『脂肪肝はあなどれない』 ―アルコール・肥満・糖尿病などなど― の講演、第三部では相談・質問コーナーとして演者の中島先生が参加者のご相談やご質問に、個別対応させていただくといった構成でありました。参加された皆様には「C型肝炎についてよくわかった、治療ができることがわかった。身近な内容でわかりやすかった。」など、大変ご好評をいただきました。この場をお借りしてご協力いただいたすべての皆様に感謝いたします。

 この「市民公開講座」は、今後も年に3回の開催を予定しております。「医療を通して地域に貢献」すべく、一般の方々にわかりやすく、気軽にご参加いただける講座を目指しています。是非、お役に立てていただきたいと思います。次回の「第3回 済生会京都府病院 市民公開講座」は平成29年6月上旬を予定しております。詳細については開催日が近づき次第、院内掲示やホームページなどでご報告させていただきます。次回も多数のご参加をお待ちしております。


  • 第2回市民公開講座の看板

  • 第2回市民公開講座 第一部 講演の様子

    第一部 講演の様子

  • 第二部 相談・質問コーナーの様子

    第三部 相談・質問コーナーの様子

2016年 クリスマスコンサートを開催しました。 

トピックス

2016.12.27

 今年も当院のロビーでクリスマスコンサートを開催しました。
ロビーを埋め尽くすほど沢山の方に来ていただき、大変うれしく思います。
ハンドベル演奏やマンドリン合奏、歌と手話ダンスなど様々な催し物が行われ、来てくださった皆様に楽しんでいただきました。
最後には中村院長サンタさんがプレゼントを配り、参加者全員の笑顔で締めくくりました。

改めて、参加してくださった皆様、ありがとうございました。
  • 2016クリスマスコンサートの様子

  • 2016クリスマスコンサートの様子2

  • 2016クリスマスコンサートの様子(ゴスペル)

当院のリハビリテーション科の職員が認定作業療法士になりました。 

トピックス

2016.12.08

 リハビリテーション科の安田耕一郎です。このたび日本作業療法士協会認定作業療法士になりました。
 まだまだ世間では知名度が低いですが、作業療法士は国家資格をもったリハビリの専門職です。日本作業療法士協会では一定水準以上の作業療法士を協会が「認定作業療法士」と認定する資格制度があります。具体的には教育・研究・管理運営と専門分野(身体障害、老年期障害など)の研修を受講します。それに加えて認定作業療法士3名から指導を受けて症例報告の作成を行い、さらに学会発表を2回行います。これらを行って協会の認定を受けると「認定作業療法士」になることが出来ます。また認定作業療法士は、日本作業療法士協会のホームページで氏名と所属が公開されていますのでご覧ください。
 来年度からは日本作業療法士協会開催の荷ね知作業療法士研修の講師としても活動させて頂きます。今後は患者様への質の高い医療を行うために、自らの知識技術の更なる向上に加えて、後輩指導にも励みたいと思います。また、これまで以上に病院業務に励んでまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。

長岡京ガラシャ祭2016に出展しました。 

トピックス

2016.12.02

 平成28年11月13日(日)に行われた長岡京ガラシャ祭2016の「楽市楽座」に、今年も済生会京都府病院のブースを出展させていただきました。

 平成20年から、市民の皆様への健康増進活動の一環として、健診センターと栄養科が共同で出展を重ね、今年で9年目となります。今年は唾液アミラーゼモニターを使用した簡易ストレスチェック、血圧測定、さらに健診担当医師や保健師・看護師・管理栄養士による健康相談を無料で実施しました。
 当日は5年ぶりの晴天となり、中央公民館市民ひろば会場は10時のオープン前より、ここ数年にはない多数の来場者で賑わっていました。済生会京都府病院のブースでは、オープンと同時に順番待ちの列ができ、約140人の方に検査や健康相談を実施させていただきました。
 予想を超えるたくさんの皆様にお立ち寄りいただき、昼過ぎには一部検査の試験紙が品切れになってしまうハプニングもありました。皆様からは、測定結果についてはもちろん、日頃気になっている事や素朴な疑問など様々なご相談をいただきました。皆様に健康管理の大切さを再確認していただく良い機会をご提供できたのではないかと思います。
 今後も、地域の皆様の健康維持・増進のため努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

  • 2016ガラシャ祭りブースの様子

  • 2016ガラシャ祭りスタッフ集合写真

第1回 済生会京都府病院 市民公開講座を開催しました。 

トピックス

2016.11.21

 平成28年10月22日(土)、当院主催の「第1回 済生会京都府病院 市民公開講座」を長岡京市立 中央公民館3階 市民ホールにおいて開催いたしました。
当日は天候にも恵まれ、一般の方々と当院職員合わせて150名程度の参加があり、たくさんの方にご来場いただき誠にありがとうございました。

 今回の講座は二部構成となっており、第一部では、当院名誉院長・健診センター長の中嶋俊彰による「元気で長生きするにはどうするの?」をテーマとした「健康長寿を楽しむためのヒント」-今日の医療・福祉と病院事情、病気予防のコツを知って、幸せに長生きする方法を考えよう-の講演。 第二部では、相談・質問コーナーとして「医療・看護・介護・福祉・健診 ドック・お薬」についての疑問やお悩みに当院の専門職員がお答えするといった構成にさせていただきました。参加された皆様には「大変わかりやすかった。自分の生き方の参考になった。」など、大変ご好評をいただき、質問票・各ブースによる質疑応答も活発に行われていました。この場を借りてご協力いただいたすべての皆様に感謝いたします。

 この「市民公開講座」は、今後も年に3回の開催を予定しております。「医療と通して地域に貢献」すべく、一般の方々にわかりやすく、気軽にご参加いただける講座を目指しています。是非、お役に立てていただきたいと思います。次回の「第2回 済生会京都府病院 市民公開講座」は平成29年2月19日(日)を予定しております。詳細については開催日が近づき次第、院内掲示やホームページなどでご報告させていただきます。次回も多数のご参加をお待ちしております。

  • 看板

  • 第一部 講演の様子

    第一部 講演の様子

  • 第二部 相談・質問コーナーの様子

    第二部 相談・質問コーナーの様子

長岡京市議会文教厚生常任委員会の視察がありました

トピックス

2016.11.17

 平成28年11月14日に、長岡京市議会文教厚生常任委員会の大伴委員長、山本副委員長を含む6名の委員と、行政担当者を併せて総勢11名が当院に視察に来られました。
当院の現状を説明したのち質疑応答と意見交換が行われ、引き続き院内の各部署を見学していただきました。

 市民の代表である文教厚生常任委員会委員の皆様に現地現場を視察していただき、当院の運営や将来像について様々な御意見をいただいたことは、本当に貴重な機会となりました。今後とも当院の理念である「医療を通して地域に貢献」を心掛け、市民に信頼される病院を目指してさらに努力して参ります。 

改めまして、ご視察いただいた文教厚生常任委員会の皆様、事務当局の皆様に御礼申し上げます。
  • 文教厚生常任委員会視察

大規模災害想定訓練を実施しました。

トピックス

2016.10.14

 平成28年10月7日に、乙訓災害・救急医療協議会が主催する大規模災害想定訓練が行われました。

 訓練は"有馬―高槻断層を震源にマグニチュード7.2、震度7の直下型地震が発生した"との想定の元に、負傷者の受け入れと医療的処置、重傷者のドクターヘリによる広域搬送などを実施しました。
 また今回の訓練には当院を含め、乙訓医師会、3市町の職員、乙訓消防組合、長法寺小学校、府乙訓保健所などの関係機関、総勢約120名が参加いたしました。


訓練_災害対策本部設置地震発生の院内放送がかかると即座に災害対策本部を設置。
職員が施設の被災状況などを報告し、負傷者の受入体制を整えています。
訓練_第1トリアージ1次トリアージ(傷病者を緊急度・重傷度に応じてクラス分けする)の様子。
正面玄関横に1次トリアージを行うエリアを設営。負傷者の重症度を判断し、タグの色(緑・黄・赤・黒)で分けています。
訓練_2次トリアージ 病院内では重傷者に対し2次トリアージ(負傷者の重症度を再評価)を行い、症状に応じた処置をしています。
訓練_ドクターヘリへの搬送 広域搬送訓練としてドクターヘリを要請。長法寺小学校のグランドに着陸したヘリへ患者役の方を運びました。
  • 訓練_ドクターヘリ到着

    要請から数分でドクターヘリが到着

  • 画像_2次トリアージ情報書出

    2次トリアージで書き出す症状等の情報

  • 訓練_対策本部

    各情報は災害対策本部に集約。迅速な意思決定と的確な指示を出します。

訓練は無事に終了。非常に有意義な訓練となりました。
今回の訓練を活かし、より災害拠点病院としての役割を担えるように努力を続けてまいります。
地域の方々にもご協力いただき、ありがとうございました。
ページトップへ