初詣、看護実践報告会

寒さが厳しい日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
5A病棟の山口です。

卒業前の方は国家試験の受験勉強の真っ只中ですね。
体調に気をつけて頑張ってくださいね。

さて、 先日私たちの病院では「看護実践報告会」が行われました。
今年度のクリニカルラダー研修で看護師が取り組んだ課題の中から、特に頑張った人が選ばれて成果を発表しました。
新卒新人さんは配属先の小児科病棟で習得した『乳幼児の点滴固定』を実演しました。4月に就職してきた新人さんの堂々とした発表に、指導してきた先輩が胸を熱くしながら見守っていました。
他にも2年目の『ナラティブ』、4年目の『マーガレットニューマン看護理論の実践』、5年目の『より良い看護ケアを目指して』、6年目以上中堅看護師の『ナラティブ』の発表がありました。
参加した人は、自分が知らない分野の看護を知ったり、他の看護師のがんばりに感動したりと刺激を受けていました。
発表の1つを紹介しますと、 私が働く循環器病棟のナースマンは『より良い看護ケアを目指して』の取り組みで、心臓カテーテル検査を受ける患者さんに検査の流れを説明するパンフレットを作り、その制作過程を発表しました。 なかなかよく出来ているんでるよ!

この実践報告会は、今年度あと2回開催される予定です。

話は変わって、 1月はお正月、お正月といえば初詣。 みなさんは初詣に行かれましたか? 私は元旦に『長岡天満宮』に行ってきました。 病院の近くにあるいわゆる『天神さん』、
毎年たくさんの人が参拝に訪れます。

そして、おみくじはなんと大吉!!!
なんて気持ちの良い1年の始まり!!
家族の健康と、高校2年生の娘の学業成就、そして世界中の人々の幸せと平和をお祈りしてきました。