新人教育プログラム

あなたの成長を約束する新人教育プログラム

一歩先のプリセプター制度とは?

新人看護師一人ひとりに、知識・技術をマンツーマンで指導するプリセプターと、精神面を支えるサポーターの二人の先輩看護師をつけています。さらに教育委員がバックアップし、スタッフ全員で新人の成長を支えていく屋根瓦方式を取り入れています。
A病棟(外科、脳外科、乳腺外科)2016年 入職
新人
  • 3A病棟(小児科)
  • 2016年 入職
  • 八木 亜紗美
親身な指導とサポートで自分で考えて動けるように
学生時代に当院で看護実習を受けた時、丁寧に指導していただいたことが印象に残っていて、新人教育でもしっかり学べると思い、入職を希望しました。サポーターさんとプリセプターさんがついてくださることに加え、PNSがあることも魅力でした。
入職しての感想は、期待以上です(笑)。通常サポーターさんは年齢が近い先輩がついてくださるのですが、私の場合はベテランの方が担当してくださり、精神的なサポートだけでなく私が受け持つ患者さんのケアについても指導・アドバイスしていただきました。
プリセプターさんもオリジナルのチェックリストをつくってくださり、確実に技術を習得できるよう指導していただきました。さらに、まだ経験できていない症例や技術をピックアップして、チーム内で共有していただいたことで多くのことを学ぶことができました。
最初は何でもすぐに質問していましたが、こうした指導のおかげで今はまず自分で考え、意見を伝えられるようになりました。看護の基礎を固めて一人前の看護師に成長することが今後の目標です。

4A病棟(外科、脳外科、乳腺外科)2015年 入職
先輩サポーター
  • 3A病棟(小児科)
  • 2012年 入職
  • 久保 りつ子
新人さんとチームメンバーとつなぐ橋渡し役としてサポート
新人さんが入職した当初は、職場環境やメンバーに馴染むための橋渡し役としてサポートし、その後は夜勤やはじめて経験するケアがスムーズにできるようアドバイスをしています。プリセプターとも連携して目標や課題を確認し、それぞれの立場から支えています。またチームの看護師とも情報共有をすることで、シフトが合わない時でもしっかりと指導を受けられることも特長です。
看護の現場では時には予想外のことが起こり、経験が少ない看護師は思うように動けないことがあります。そんな時はできなかったことを指摘するだけでなく、できたことや意欲をきちんと認めて、前向きに取り組めるようにフォローすることが大切です。私は新人さんと年齢が離れているので、お母さんのように温かく見守るようなスタンスでサポートできればと思っています。新人さんが成長し、まわりの先輩たちからも「成長したね」と言われているのを見ると、自分のことのように嬉しく感じます。

A病棟(外科、脳外科、乳腺外科)2014年 入職
先輩プリセプター
  • 3A病棟(小児科)
  • 2014年 入職
  • 中野 愛
気兼ねなく意見を交わせる風通しの良い関係を築く
看護部の新人教育では共通のチェックリストに基づいて、新人さんがどれくらい習得できているのかを定期的に確認しながら指導をしています。さらにサポーターやチームの看護師とも情報を共有して、常に新人さんの状態を把握したうえで指導・サポートを行っています。私の場合はベテランさんがサポーターを担当してくださっているので、新人さんにとっても安心感があり、細やかな指導とサポートができていると思います。
指導をするうえで心がけているのは、看護の根拠を説明すること。患者さんの状態確認をする時も表面的な症状だけでなく、「なぜ、この症状が起こっているのか」を考えるように指導しています。もちろんミスをした時も原因を振り返り、今後に活かすようにしています。
アットホームな雰囲気も看護部の魅力のひとつです。担当している新人さんとは同じ寮に住んでいるので、時々に一緒に食事に出かけるなど、日頃からコミュニケーションをとっています。こうした関係が仕事でもお互いに意見を交わせることにつながっています。

新人看護師の成長を常に見守るOJT

PNS 新人と先輩のコメント

OJTとは?
OJT(On-the-job Training)とは、実際に日常業務を実践しながら指導する職業教育の事です。当院では、入職時のオリエンテーションや研修が終了後、配属部署において日常業務の流れや基本的な看護技術から指導を開始します。そして、プリセプターが2ヶ月ごとに全部署共通の教育計画に基づき、担当する新人看護師の成長に応じた目標設定・指導計画を立てます。それらをもとに部署の先輩看護師みんなで新人看護師の指導にあたります。

新人看護師を皆で手厚く支える屋根瓦方式教育体制

新卒新人には、屋根瓦方式を用いてプリセプター・サポーター・教育委員を中心に、精神面のフォローから臨床実践能力修得まで個人の成長に合わせた丁寧な指導を行っていきます。
他の先輩看護師も教育的な配慮を持って手厚く指導・サポートしていきます。
屋根瓦方式教育体制

新人看護師1年目の教育プログラム

私たちは、社会人として自分を律し、看護師として成長しようと努力できる人を求めています。
4月から5月

勤務場所に慣れる。メンバーとして担当患者の基本的な看護が実践できる。

  • 全職員対象オリエンテーション
  • 看護部オリエンテーション
  • 看護技術演習
  • 研修「感染管理」
  • 研修「摂食・嚥下障害看護」
  • 第1回新人フォロー研修
6月から7月

受持ち患者の看護計画が立案できる。夜勤のメンバーとして独り立ちできる。

  • 研修「急変時の対応」
  • 研修「スキンケア」
  • 研修「リスクマネジメント(薬剤・輸血の知識)」
8月から9月

チームメンバーとしての役割が果たせる。重症患者のケアができる。

  • 研修「心電図の基本的知識」
  • 第2回新人フォロー研修
  • 研修「人工呼吸器管理」
  • 研修「リスクマネジメント(誤薬・誤認、転倒事故防止)」
10月から3月

受持ち患者の退院支援ができる。関連職種とコンタクトがとれる。

  • 技術披露研修
  • 研修「退院支援」
  • 第3回新人フォロー研修
  • 第4回新人フォロー研修「ナラティブ」