看護部長メッセージ

あなたの成長を約束する新人教育プログラム

済生会京都府病院は、京都府乙訓地域で唯一の公的医療機関であり、地域の中核病院として地域医療に貢献する役割を担っています。

そのような中、看護部では患者さんの尊厳を大切にし、より質の高い看護を創造し実践していきたいと考えています。そのために、私たちは患者さんの人生や生活に目を向け、インフォームド・コンセントを大切にし、質の高い急性期看護を実践したいと考えています。さらに、私たちが患者さんに対して、日々、心がけているのが、温かい笑顔で接すること、わかりやすく説明すること、丁寧な看護を行うことです。

地域密着型の当院は、一般的な病気の患者さんの看護が経験でき、新人看護師にとっては理想的な環境であり、キャリアを積んだ方にとってもこれまで培った力を発揮できる病院です。

新人教育・キャリア支援についても充実した体制を整えています。新人教育は集合研修に加えてOJTを重視し、屋根瓦方式による指導体制を採用し、きめ細かい支援を行っています。2年目以降もクリニカルラダーに沿って、自分の目標に向かって成長していくことが可能です。既卒者についてもスポンサーシップに基づいた支援を行っています。

教育の充実だけではなく、働き続けられる職場を実現するためにワーク・ライフ・バランスにも力を入れています。フレキシブルな勤務体制の導入など、すべての職員が活き活きと働き続けられるように取り組んでいます。

このような当院の理念や取組みに共感し、素直な心と向上心をもった方と共に働きたいと願っています。

済生会京都府病院 看護部長
済生会京都府病院 看護部長

済生会京都府病院の特徴

済生会京都府病院看護部の特徴ポイント1
地域の人たちの笑顔を支えています

京都府乙訓地域でただひとつの公的総合病院、地域医療支援病院として、地域の方々の暮らしを支えています。地域の患者さんのニーズに応える医療と看護を提供するため、地域医師会との協力により開放型病床を設け、かかりつけ医(開業医)に通院中の患者さんが入院・検査を必要とする場合は優先的に入院でき、当院主治医とかかりつけ医が共同して治療を進めるシステムを導入しています。

済生会京都府病院看護部の特徴ポイント2
患者さんが安心して療養できる看護を実践しています

患者さん中心の看護を提供するために、「データや根拠に基づいた看護(EBN)」と「患者さんとの対話に基づいた看護(NBN)」を実践。入院から退院までの看護をチームで行う「固定チーム継続受け持ち制」を採用し、患者さんとともに看護計画を考える「インフォームド・コンセント」を実施しています。また、パートナーシップ・ナーシング・システムにより、看護師の経験によって提供される看護に差ができないよう安心して療養できる環境をつくっています。

済生会京都府病院看護部の特徴ポイント3
看護師としての夢を実現できる教育制度があります

新人看護師一人ひとりに技術的な指導をするプリセプターと、メンタル面のフォローをするサポーターの二人の先輩看護師を配置し、手厚く育成しています。また、クリニカルラダー形式によるキャリアアップによって、臨床での看護を支えるジェネラリスト、特定の専門領域におけるスペシャリストも目指せます。バックアップ体制の整った当院なら、あなたの夢もきっと実現できるはずです。