看護部について

済生会京都府病院看護部の理念・方針

すべての人を笑顔にする理由があります

開院以来、私たちが目指しているのは「多くの人の笑顔あふれる健康的な暮らしのサポート」です。地域の方々、患者さん、そして一人ひとりの看護師。済生会京都府病院には、あなたや多くの人を笑顔にする理由があります。

看護部理念

私たちは、一人ひとりの尊厳を大切にし、より質の高い看護を創造し実践します

私たちは、一人ひとりの尊厳を大切にし、より質の高い看護を創造し、実践します。

基本方針

  1. 患者の人生や生活に目を向けて看護します
  2. 看護のインフォームド・コンセントを大切にします
  3. 地域の中核病院として、質の高い急性期看護を提供します
  4. 地域との連携を推進し、チームの中での看護の専門職としての役割を果たします
  5. 良い看護をしたいという志を持って、自己研鑽します
  6. 健全経営に参画し、経営の安定に貢献します
  7. 多様性を尊重し、充実した生活と専門職業人としての志を実現できる職場環境をつくります

  1. 温かい笑顔で接します
  2. わかりやすく説明します
  3. 丁寧な看護を行います
  1. 互いに敬意をはらい、協力して医療を行います
  2. 常に知識と技術の向上に努めます
済生会京都府病院 看護部長

外山 友子 

【看護部長】

看護部では患者さんの尊厳を大切にし、より質の高い看護を創造し実践していきたいと考えています。そのために、私たちは患者さんの人生や生活に目を向け、インフォームド・コンセントを大切にし、質の高い急性期看護を実践したいと考えています。
済生会京都府病院 看護師

柏木 真夏 

【教育担当副看護部長】

社会の変化に伴い、看護師への役割期待も高まっています。それらに対応できるジェネラリストの育成を目指して、教育計画や研修の企画・運営等、看護部の教育全般を担当しています。新人看護師の教育については、それぞれの成長に応じた指導・サポート体制の定着・改善に取り組み、一人ひとりの成長を大切に見守っています。
済生会京都府病院 看護師

大槻 はるみ 

【業務・総務担当副看護部長】

看護師が専門的な業務に専念できるように、他部門との連携による看護業務の改善を図り、専門職として働きがいのある職場づくりに努めています。そして、安全で質の高い看護を提供するために、看護職自らが安全で健康に働き続けられ、専門職業人としての志を実現できる職場環境を目指しています。
済生会京都府病院 看護師

松田 宜子 

【病床管理担当副看護部長】

入院患者さんの安全・安心に心がけ、入院目的や自立度、重症度、感染症の有無、患者・家族の意向などを把握し、その患者さんに適した療養環境が提供できるようベッドコントロールしています。また毎朝、各病棟の看護課長・係長と病床ミーティングを行い、情報の共有と病棟間の調整、緊急入院に備えた病床確保に努めています。
済生会京都府病院 看護師集合