セクションを超えて活躍する看護師

セクションを超えて活躍する看護師の紹介

医療安全管理者 看護課長

感染管理認定看護師

岡本 教子
感染症患者さんの状況把握、感染対策の実施状況を確認するための病棟ラウンドを中心に、サーベイランスや院内研修も行っています。目標は「患者さんやそのご家族と、病院で働く職員を感染から守る」こと。認定看護師はどうしても情報発信者になりがちですが、知識を与えるのではなく、みんなと一緒に考えるスタンスで活動しています。

感染制御実践看護師

感染制御実践看護師

井上 葵
2017年に感染制御実践看護師の資格を取得して、現在、感染管理者を担っています。入院されている感染症患者を把握し、院内ラウンドをして臨床現場の感染対策の遵守状況を確認しています。また、サーベイランスの実施や職員への研修を行い、各職種からの相談も受けています。職員みんなが一つとなって感染対策が実施出来るように日々活動しています。

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師

久保 真実子
2018年に感染管理認定看護師の資格を取得しました。感染の原因となる菌やウイルスは目には見えませんが、患者さんに安全な療養生活を提供するために感染対策は非常に重要です。現在は外科病棟の業務を兼任しながら、感染管理認定看護師として感染防止の指導や教育を実施しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師

高野 京子
皮膚・排泄ケア認定看護師は、6分野あるがん看護認定のうちの1つです。そのなかでも特に、日常生活を送りながらがんと闘う患者さんのQOLを高めていける分野だと思い取得しました。現在は褥瘡や治癒遅延のある術後の創管理とともに、週2回はスキンケア外来にてストーマケアを必要とされる患者さんの退院後の継続ケアを実施しています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

摂食・嚥下障害看護認定看護師

土本 久美子
2018年に摂食・嚥下障害看護認定看護師の資格を取得しました。摂食嚥下障害患者さんに、安全で楽しい「食」を支援していくために、多職種との連携も大切にしながら活動しています。「食べる」ことを諦めない看護を目指し、先ずは「食べられる口づくり」のための口腔ケア、誤嚥性肺炎の予防に取組んでいます。また、嚥下外来(1回/週)も実施しています。

医療安全管理者 看護課長

医療安全管理者

河島 裕恵
患者さんにとって安心安全な医療を提供することが病院の使命です。病院の安全文化醸成のため、医療安全管理者として濁種の枠を超え、日々他職種とともに活動しています。

退院支援看護師

退院支援看護師

空閑 みゆき
「一人でも多く患者さんの希望する人生につなぎたい」という思いで、組織横断的に退院に向けての支援を行っています。訪問看護ステーションや在宅医療サービスなど地域と連携し、今後どのように生活していきたいかまでを患者さんやご家族と一緒に考えていきます。そのためには多職種スタッフとの協働も欠かせません。

退院支援看護師

退院支援看護師

志賀 京子
「その人らしい暮らし」を目標に、患者さんとご家族の思いに耳を傾けることを大切にしています。悩んでおられることや、どのように暮らしていきたいかを知り、退院後の療養について他職種と一緒に考え、安全で、そして安心して退院できるよう在宅サービスとの連携・調整を行っています。