診療科紹介

診療内容・特色

一般外来は月曜~金曜日の午前中で、月・水・金曜日の午後からは、特殊検査やレーザー光凝固術等の特殊治療を行なっています。特殊検査には、視野検査(緑内障、視神経疾患など)や蛍光造影眼底検査(糖尿病網膜症、網膜血性網膜管閉塞症、中心炎、黄斑変性症)や斜視検査などがあります。レーザー光凝固術をする病気には、糖尿病網膜症、網膜血管閉塞症、網膜裂孔、閉塞隅角緑内障など多種多様な疾患があります。

   

手術について

手術については、全体の8割くらいが白内障であり、それ以外にも緑内障や外眼部の手術(斜視、眼瞼下垂、眼瞼内反症、霰粒腫、翼状片など)も行なっています。白内障の手術は、昔に比べて安全な手術となりましたが、それでも術後の合併症などの問題がないわけではありません。そのためにも、当院では術後合併症早期発見・早期治療の目的で、片眼で2~3日間の入院をして頂き、安心して白内障手術を受けて頂いています。白内障の程度や全身疾患の状態など総合的に判断しまして、超短期入院(一泊)や日帰りでの白内障手術が可能な場合もありますので、受診時にお尋ね下さい。外眼部の手術に関しては、基本的には入院加療の必要は無く、日帰り手術(もちろん、心配な方は入院も可能です)で行なっています。

   

眼科 医師紹介

氏名 廣谷 有美 (ひろたに ゆみ)
役職 医長(非常勤)  
出身大学 滋賀医科大学(1999年卒)
担当・専門分野
眼科一般
資格および当院兼職など
日本眼科学会認定眼科専門医
ページトップへ