診療科紹介

産婦人科

診療内容・特色

 3D/4D超音波断層装置を駆使した4Dエコー外来を2016年より開始しています(料金は通常の妊婦健診と同じです)。20週前後以降の方を対象に火曜日の午前と木曜日の午後に設けています。
患者さんに対する丁寧な説明と、腹腔鏡手術・子宮鏡手術や小切開手術などを積極的に行なって、体に負担の少ない医療をさらに心がけています。高年齢化とともに増加します骨盤臓器脱に対する経腟的メッシュ手術(TVM手術)も引き続き積極的におこなってまいります。
  悪性腫瘍に対する治療にも力を入れており、手術療法・化学療法・放射線療法・緩和ケアなどの集学的治療とともに、早期発見を目指した子宮がん検診も積極的に行なっています。
  その他、月経不順・月経困難症・更年期症状など様々な症状に対する治療を行なっています。

分娩料改定(入院総額値下げ)について

分娩料改定画像かわいいの 平成28年12月29日より、下記のとおり分娩料を改定いたしました。
◆入院総額
 ・現行 時間内 約45~48万円(内分娩料13万円)
     時間外 約50~54万円(内分娩料15万円)
 ・改定後 一律で約44万円 (内分娩料14万円)
      ※直接支払い制度をご利用される場合、患者様のご負担額は約20,000円となります。

What’s New

2016年12月29日より分娩料を改定(入院総額値下げ)しました。

分娩料改定画像うえかわいいの
 平成28年12月29日より、下記のとおり分娩料を改定いたします。
 今後とも安心して分娩をしていただけるよう、スタッフ一同サポートいたします。
 ぜひ当院での出産をご検討ください。

【入院費について】
◆入院総額
 ・現行
  - 時間内 約45~48万円
  - 時間外 約50~54万円 ・改定後(平成28年12月29日~)
  一律で約440,000円
 ※上記は入院日数が普通分娩6日間、帝王切開8日間とした場合の、一般的な入院費用の総額です。

◆直接支払い制度をご利用される場合なら
 患者様のご負担額は 約20,000円 となります。

◆分娩料(入院総額に含む)
 ・現行
  - 時間内 13万円
  - 時間外 15万円

 ・改定後(平成28年12月29日~)
  一律で14万円

不明な点、ご相談等ございましたら、ご遠慮なく産婦人科までお問合せ下さい。
075-955-0111(代表)
→メールでの お問合せ   
image

2016年7月19日より助産師外来を開設しました。

胎児の成長をご一緒に見ていただくとともに、妊娠中の相談事を助産師から丁寧に対応いただきます。必要時、産婦人科医がいっしょに対応いたします。

4D超音波外来(産科)

毎週木曜日午後に福岡正晃部長による4D超音波外来を行っています。(4D超音波は火曜日午前でも対応しています)
 4Dとは3次元での表現に時間軸を追加したもので、リアルタイムに3次元画像を展開する方法です。羊水という液体の中に胎児が浮いた状態でいますとその表面をとらえて外表を3次元的に表示できます。普段の妊婦健診において毎回超音波検査で胎児の状態をチェックしていますが、妊娠20以降の方を対象に妊婦健診を兼ねた4D超音波外来を行います(料金は当院の通常の妊婦健診料の範囲内です)。お一人ずつ時間をかけて子宮・胎児の全体のチェックに加えて、可能な範囲で4Dエコーを行います。

平成28年4月よりあたらしい部長を迎えました。

福岡正晃医師です。(日本産科婦人科学会指導医・専門医、日本周産期・新生児学会指導医、京都府立医科大学客員講師、京都府医師会母体保護法指定医師)

常勤医師は 女性医師4名と男性医師1名です。
非常勤医師は 女性医師1名と男性医師1名です。

新しい超音波診断装置導入のお知らせ

2015年11月に3D/4D超音波診断装置(GE Healthcare社のVoluson S8)が導入されました。
胎児診断の精度が上がり、お腹の赤ちゃんのリアルタイムの動きや表情もクリアに描出できます。
image 2016年3月に産婦人科1診 内診室用に新しい超音波診断装置 VolusonP8 を導入しました。これにより診断精度のさらなる向上が期待されます。
ページトップへ