診療科紹介

糖尿病内科

内科概要

地域医療の需要に答え、幅広い内科領域をカバーするために、当院の常勤医、非常勤医が協力して診療にあたれる体制をとっております。総合診療内科、消化器内科循環器内科呼吸器内科腎臓内科、糖尿病内科は常勤医が、また神経内科、血液内科は非常勤医が、それぞれの専門性を発揮して診断にあたり、適切な治療法について御提案いたします。

診療内容・特色

糖尿病内科には2名の医師が在籍しており、毎日いずれかが外来を担当しています。糖尿病は世界的に増加している疾患であり、本邦も例外ではありません。疾患の特性上、周術期や各種治療に合わせた血糖管理を行うことも多く、インスリンを用いた血糖管理を短期的に行い、退院時には患者さんの病状に合わせた治療法を選択しています。また血糖コントロール及び糖尿病教育を目的とした入院も積極的に行なっております。さらに、2ヶ月に1回の糖尿病教室と、世界糖尿病デーなど年に数回の院内講演会を行なっており、患者さんに糖尿病に関する理解を深めてもらうための取り組みも行なっております。管理栄養士による栄養指導も積極的に行なっており、単純なカロリーの指導ではなく、個別の生活習慣に合わせた栄養摂取の方法を提案しております。糖尿病は3大合併症だけでなく心筋梗塞や脳卒中などの致死的疾患、また癌や認知症の原因となる疾患です。その予防のために当科では患者さんとしっかり相談し、患者さんの生活様式に合った治療法を決めていくようにしております。


糖尿病内科 医師紹介

氏名 木村 寿宏 (きむら としひろ)
役職 医長
出身大学 京都府立医科大学(2008年卒)
担当・専門分野
内科一般
資格および当院兼職など
日本内科学会認定内科医
氏名 中村 直登 (なかむら なおと)
役職 支部長・院長
出身大学 京都府立医科大学(1976年卒)
担当・専門分野
糖尿病・内科一般
資格および当院兼職など
日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会研修指導医・専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科指導医・専門医
日本病態栄養学会NSTコーディネーター
京都府立医科大学名誉教授
京都府糖尿病協会会長
ページトップへ