診療科紹介

呼吸器内科

内科概要

地域医療の需要に答え、幅広い内科領域をカバーするために、当院の常勤医、非常勤医が協力して診療にあたれる体制をとっております。総合診療内科、消化器内科循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科糖尿病内科は常勤医が、また神経内科、血液内科は非常勤医が、それぞれの専門性を発揮して診断にあたり、適切な治療法について御提案いたします。

診療内容・特色

呼吸器内科では2名の常勤医が在籍し診療にあたっています。主に、肺炎、気管支炎、肺結核などの感染性肺疾患、肺気腫、気管支喘息、間質性肺炎、肺がん、気胸、睡眠時無呼吸症候群を診療しています。
呼吸器内科には、咳、痰、息切れ、呼吸困難、胸痛などの症状で受診される方が多く、必要に応じて胸部レントゲン検査、胸部CT検査、肺機能検査、呼気NO検査、血液検査、喀痰検査を行います。
肺がんが疑われた場合には、気管支鏡検査やCTガイド下肺生検を行い、診断後は呼吸器外科と連携し手術治療も行います。
気管支喘息は、ガイドラインに従って吸入ステロイド治療を中心に治療を行い、一部の難治性気管支喘息には、抗体療法も行っています。
肺気腫、COPDによる慢性呼吸不全には、吸入療法、喀痰コントロールで症状改善を目指し、また適応を検討して在宅酸素療法を導入し、生活の質の向上を図っています。
睡眠時無呼吸症候群には、1泊2日入院で終夜ポリソムノグラフィー検査を行い、中等症以上の睡眠時無呼吸症候群では経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)を導入しています。
患者様の生活の質を高められるよう十分に相談しながら、信頼して頂ける医療を提供したいと考えています。


呼吸器内科 医師紹介

氏名 古谷 渉 (ふるたに わたる)
役職 医員
出身大学 山口大学医学部(2012年卒)
担当・専門分野
内科一般・呼吸器
資格および当院兼職など
日本内科学会認定内科医
日本禁煙学会禁煙認定指導医
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
ページトップへ