病院案内

理念・基本方針

理 念

  思いやりの心
  質の高い医療
  明るい職場
  ~医療を通して地域に貢献~

基本方針

  ・患者さん本位の良質で安全・適切な医療の提供
  ・地域に応える連携・救急・災害医療・健診と地域包括ケアの推進
  ・多職種によるチーム医療と協働の推進
  ・人材育成・確保、勤務環境改善と働き方改革の推進
  ・経営改善と新築移転事業の遂行


患者の権利

1良質の 医療を受ける権利
 誰でも平等に必要な医療を受けることができる 。

2選択の自由の 権利
 他の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞くことができる 。

3自己決定の権利
 自分の意思により医療行為を選択し、同意又は拒否することができる 。

4情報に対する権利
 病状についての医学的事実を含む健康状態に関して、十分な説明 と情報を受ける ことができる 。

5プライバシーが保護される権利
 病院の守秘義務 及びプライバシー保護義務 によって 守られる。

患者の責務

 適切な医療を受けるため、自らの 健康状態、病歴等の詳細な情報、
  診療中の変化を正確かつ積極的に提示する。

 治療や検査等の診療方針について、自らの希望があればそれを明らかにする。
  また、医療者から方針の説明があった場合には、十分理解することに努めた上で、
  出来るだけ明確な意思表示をする。

 安全な 医療が提供されるよう 、検査や治療等を受ける際には氏名を告げ、
  患者確認を含めた診療行為に積極的に参加する。

 全ての患者が適切な療養環境で治療に専念できるように、
  社会的ルールや病院の規則、職員の指示を守る。

パートナーシップの構築

パートナーシップとは、患者が医療に主体的に参加し、患者と医療従事者が共同する仕組みを示す。医療を行う上で、患者とのパートナーシップの構築 は 重要であると考える。

1 医療従事者が実践すること
 (1)職業倫理、臨床倫理を順守する 。
 (2)患者の権利を尊重する。
 (3)インフォームドコンセントを実践する 。
 (4)入院診療計画書や患者用クリニカルパス等を用いて分かりやすく説明するなど、
     適切な医療情報の提供に努める 。
 (5)患者の個人情報やプライバシーの保護に努め る。
 (6)患者等からの意見に対し、定期的に検討し改善に努める。

2 患者が協力すること
 (1)健康状態や病状の変化を医療従事者にきちんと伝え る 。
 (2)氏名確認に協力する。
 (3)検査結果を確認する。
 (4)お薬手帳を持参する。
 (5)医療の安全を確保するための規則や他の患者との共同生活を維持するための約束を守る 。
 (6)困り事や気づいた点などがあれば質問する。

輸血に関する方針

当院は、緊急かつ必要なときに限り輸血を行う相対的無輸血の方針 とします。
医師が患者の生命の危機を回避するために必要と判断した場合には、 輸血施行を明確に説明し、患者に自己決定の機会を与えご理解いただけるように努力しますが、 同意いただけない場合には、他院での治療をお勧めします。
絶対的無輸血 患者の意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方
相対的無輸血 患者の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努めるが、輸血以外に救命手段がない事態に至ったときには輸血をおこなうという立場・考え方


当院の倫理規程はこちらからご覧ください。
ページトップへ