ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー

はじめに

 フェイスブックやツイッター、ブログその他などソーシャルメディアが普及したことに伴い、近年、ソーシャルメディアの不適切な利用により大きな問題に直結するケースが散見されます。
 当院では、ソーシャルメディアを有効な情報交換ツールと捉え、正しく活用するためのガイドラインとして、当院関係者のソーシャルメディア利用にあたりソーシャルメディアポリシーを制定しました。
 当院の職員ならびに当院の業務に従事する全ての者がソーシャルメディアで発信する情報は、必ずしも当院の公式発表・見解を示すものではありません。当院のソーシャルメディアを利用したこと等により被った被害や利用に関連して生じたトラブル等について、当院が全て責任を負うものではないことを予めご了承ください。
 なお、当院の公式発表、見解については、ホームページをご覧ください。 当院のアカウントに対して、以下のような行為はご遠慮ください。
 ユーザーの行為が以下のいずれかに該当する場合、コメント等を削除させていただく場合があります。

・本人の承諾なく個人情報を特定、開示、漏えいするもの
・当院または第三者の名誉、信用を傷つけたり、誹謗中傷するもの
・当院または第三者の著作権、肖像権、知的財産権を侵害するもの
・法令や公序良俗に反するもの
・その他、当院が合理的理由により不適切と判断するもの

ポリシーについて

済生会京都府病院の職員、業務委託先の職員など済生会京都府病院(以下「当院」という。)の業務に関わる全ての者が、ソーシャルメディアを利用し情報発信する場合は、本ポリシーを確認して行動します。

1.自覚と責任

»一定の品位と節度を持った良識ある社会人として、自己の自覚と責任をもとに利用します。
»匿名性は決して保障されないこと、あらゆる背景や裏事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であること、一度発信された情報は完全には消去することが極めて困難であることを意識したうえで、情報発信を行います。
»情報発信には、自己・当院・第三者等の評判を高め、低下させる影響力があることを意識し、誤解を与えないように注意します。

2 誠意ある姿勢

»傾聴の姿勢を忘れず、他者からのメッセージを真摯に受け止める姿勢をもって対応します。
»発信した情報により、他者を傷つけたり誤解を生じさせた場合には、誠実に対応するとともに正しく理解されるよう努め、責任ある行動をとります。
»発信した情報に対して混乱が生じている場合には、静観する姿勢を持ち、感情を害する行為はしません。
»当院に対し不当に中傷するような投稿を見つけた場合は個人の判断で反論はせず、運用者に報告します。
»次に掲げる情報は発信しません。
  ① 不敬な言い方を含む情報
  ② 人種・思想・信条などの差別、または差別を助長させる情報
  ③ 違法行為または違法行為を煽る情報
  ④ 単なる噂や噂を助長させる情報
  ⑤ 控除良俗に反する一切の情報 

3 守秘義務

»守秘義務に従い、業務上知り得た機密情報その他、院外秘情報を公開しません。
»当院の利用者及び職員や関係者の情報に関し許可なく公開しません。
»個人情報漏えい・プライバシーの侵害となるような情報は発信しません。

4 法令及び内部規定の厳守

»各種法令や当院が定めた規程などを厳守します。
»基本的人権、肖像権、プライバシー権、著作権などに関して十分注意します。 

5 ソーシャルメディアポリシーの評価・見直し

本ポリシーは、状況に応じて評価、見直しをします。本ポリシーが改定された時には、ホームページ上の掲示によって告知します。本ソーシャルメディアポリシーは予告なく変更される場合があります。
ページトップへ