看護部長メッセージ

あなたの成長を約束する新人教育プログラム

済生会は医療・保健・福祉を総合して提供できる日本最大の社会福祉法人です。
済生会の基本理念である「施薬救療」の精神に基づいて人々の幸せに資す医療・看護を提供できるよう当院は職員一丸となって取り組んでいます。

済生会京都府病院は京都府乙訓地域の中核病院として90年以上地域の皆さんに質の高い急性期医療・看護を提供し、地域に貢献することを目指して医療活動を展開してきました。また、当院を利用される患者さんに満足していただけるように多職種と協働したチーム医療も推進しています。

私達看護部では、病院の理念に基づき、患者さん一人ひとりを尊重し、安全で質の高い看護を実践できるよう努め、実践できるために、患者さんの人生や生活に目を向け、インフォームドコンセントを大切にしています。地域密着型の当院は地域包括ケア病棟を持ち、退院後の生活を視野に入れた看護を提供しています。さらに、「訪問看護ステーション」や「居宅介護支援事業所」などの在宅部門があることから急性期医療と地域医療や看護とのきれめないサービス提供を行っています。

済生会京都府病院 看護部長
認定看護管理者
済生会京都府病院 看護部長

済生会京都府病院の特徴

済生会京都府病院看護部の特徴ポイント1
地域の人たちの笑顔を支えています

京都府乙訓地域でただひとつの公的総合病院、地域医療支援病院として、地域の方々の暮らしを支えています。地域の患者さんのニーズに応える医療と看護を提供するため、地域医師会との協力により開放型病床を設け、かかりつけ医(開業医)に通院中の患者さんが入院・検査を必要とする場合は優先的に入院でき、当院主治医とかかりつけ医が共同して治療を進めるシステムを導入しています。

済生会京都府病院看護部の特徴ポイント2
患者さんが安心して療養できる看護を実践しています

患者さん中心の看護を提供するために、「データや根拠に基づいた看護(EBN)」と「患者さんとの対話に基づいた看護(NBN)」を実践。入院から退院までの看護をチームで行う「固定チーム継続受け持ち制」を採用し、患者さんとともに看護計画を考える「インフォームド・コンセント」を実施しています。また、パートナーシップ・ナーシング・システムにより、看護師の経験によって提供される看護に差ができないよう安心して療養できる環境をつくっています。

済生会京都府病院看護部の特徴ポイント3
看護師としての夢を実現できる教育制度があります

新人看護師一人ひとりに技術的な指導をするプリセプターと、メンタル面のフォローをするサポーターの二人の先輩看護師を配置し、手厚く育成しています。また、クリニカルラダー形式によるキャリアアップによって、臨床での看護を支えるジェネラリスト、特定の専門領域におけるスペシャリストも目指せます。バックアップ体制の整った当院なら、あなたの夢もきっと実現できるはずです。