診療科紹介

循環器内科

image

診療内容・特色

主に心臓疾患及び血管疾患を対象に診断、治療をおこなっています。狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心不全、弁膜症、不整脈、心房細動、心筋症、高血圧症、高脂血症、閉塞性動脈硬化症などの疾患を扱っています。また、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設であり、多数の循環器専門医のもと、チーム医療を心がけています。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の治療

 虚血性心疾患に対しては、冠動脈CT、カテーテル検査などを行って迅速かつ正確に診断しています。また、治療は日々進化しており、最新で最適な治療をおこなえるようスタッフも日々努力しています。治療方針決定の際には、患者さんとよく協議を行ったうえで風船治療及びステント治療(冠動脈形成術)を安全かつ的確におこなっています。

不整脈の治療

image 不整脈治療は適応に応じて、脈の遅い方(徐脈性不整脈)にはペースメーカ治療を、脈の速い方(頻脈性不整脈)にはカテーテルによる治療(カテーテル・アブレーション)を積極的におこなっています。さらに、高齢化に伴い、増加の一途をたどっている心房細動に対して、2020年4月より、最新の3Dマッピングシステムを使ったカテーテル治療を行い、治療件数が急増しています。

下肢動脈の治療

 『一定時間歩行すると、足が痛くなり、安静にて軽快する』いわゆる間歇性跛行の症状がある方に対しては、足の血流を測定し、最新の3D-CTを使って血管の狭窄部位(細くなっている部位)を診断しています。治療の必要な患者さんには、細くなった動脈を風船ならびにステントで広げる治療をおこなっています。

心不全の治療

 超高齢社会を迎え、心不全(心臓が十分に機能せず、息切れ、むくみが出現する病気)が増加しています。また一般に、高齢になるにつれ、複数の病気をかかえている患者さんが増加し、のむ薬も増えていくことが知られています。心不全患者も例外でなく、5つ以上の病気をかかえている患者さんも珍しくありません。その際には、治療の優先度を考慮した上で、治療方針を決定しています。さらに治療方針決定の際には、個々の患者さんとよく協議し、その方に適した全人的医療がおこなえるようこころがけています。

 当院では近隣の病院、医院との連携を密にし、紹介患者さんには予約新患診療を設定し、待ち時間を低減できるように配慮しています。もちろん救急診療が必要な患者さんに対しては優先的に診療しています。
 動悸、息切れ、数分間持続する胸の不快感(圧迫感、痛みなど)、歩行時の足の痛みなどの症状があれば、かかりつけ医とご相談のうえ、お気軽に外来へお越しください。

診療実績

循環器内科年間症例数表

循環器内科 医師紹介

氏名 石橋 一哉 (いしばし かずや)
役職 副院長・部長
出身大学 京都府立医科大学(1988年卒)
担当・専門分野
循環器・不整脈・カテーテルアブレーション・内科一般
資格および当院兼職など
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
京都府医師会救急委員会・災害対策委員会委員
京都市乙訓メディカルコントロール協議会委員・検証委員会委員
日本医師会認定産業医
乙訓医師会理事
京都府立医科大学臨床教授
臨床検査科部長、臨床工学科部長兼務、医療安全管理部長兼務
氏名 彦坂 高徹 (ひこさか たかとう)
役職 副部長
出身大学 滋賀医科大学(1997年卒)
担当・専門分野
循環器・内科一般
資格および当院兼職など
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
氏名 横江 洋之 (よこえ ひろし)
役職 副部長
出身大学 関西医科大学(2002年卒)
担当・専門分野
循環器・不整脈・内科一般
資格および当院兼職など
日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
植え込み型除細動器・ペーシングによる心不全治療研修修了
氏名 赤壁 佳樹 (あかかべ よしき)
役職 副部長
出身大学 鹿児島大学医学部(2004年卒)
担当・専門分野
循環器・内科一般
資格および当院兼職など
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
氏名 寺田 兼輔 (てらだ けんすけ)
役職 医長
出身大学 京都府立医科大学(2009年卒)
担当・専門分野
循環器・内科一般
資格および当院兼職など
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
氏名 坂東 沙織 (ばんどう さおり)
役職 医長
出身大学 兵庫医科大学(2011年卒)
担当・専門分野
循環器・内科一般
資格および当院兼職など
ページトップへ