診療科紹介

形成外科

診療内容・特色

形成外科とは
形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。
診療内容
形成外科が対象とする疾患は、新鮮外傷、新鮮熱傷、顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷、唇裂・口蓋裂、手・足の先天異常、外傷、その他の先天異常、母斑、血管腫、良性腫瘍、悪性腫瘍およびそれに関連する再建、瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド、褥瘡、難治性潰瘍、その他(眼瞼下垂症、顔面神経麻痺、リンパ浮腫など)などです。大まかに言えば、見た目が問題になる部位の治療、治りにくい傷の治療、傷あとの治療を形成外科で行います。
各疾患の詳細については、日本形成外科学会ホームページ、「疾患紹介~こんな病気を治します!」(https://jsprs.or.jp/general/disease/)をご参照ください。(手術法の詳細については、当院の方法とは若干異なる場合がございます。)
特色
2021年5月より、非常勤医師による形成外科診療を開始しました。京都府立医科大学形成外科と連携し、診療にあたります。
非常勤での体制となるため、日帰り手術(局所麻酔手術)で対応できる疾患をメインに扱っております。他科と連携する場合はその限りではありません。形成外科での専門的な入院治療・管理が必要と判断した場合は、京都府立医科大学形成外科などに、責任をもってご紹介いたします。顔面骨骨折(かおの骨折)や先天奇形(生まれつきの変形)などが該当します。基本的には、可能な限り当院で治療を行います。
形成外科単独での診療はもちろんのこと、さまざまな診療科と連携して治療を行っております。具体的な例は以下の通りです。

 ・皮膚科:皮膚がん切除後の再建(皮膚移植や皮弁形成など)
 ・乳腺外科:乳がん切除後の乳房再建(人工物、自家組織での再建)
 ・皮膚科、循環器内科、糖尿病内科:糖尿病や動脈硬化に伴う難治性足潰瘍(なかなか治らない足の傷)
 ・整形外科:外傷や術後感染などによる皮膚軟部組織欠損の再建(組織の移植など)
 ・脳神経外科:外傷や術後感染などによる頭皮欠損の再建(皮膚移植や皮弁形成など)
 などが挙げられます。

以上はあくまで一例であり、様々な再建手術を行っております。また、他科で受けられた術後創の創傷治癒遅延(傷がなかなか治らない)に関しても、形成外科で診療をいたします。
患者さまに対し親身な診療を心がけております。ご自身の症状が、上記のような疾患に該当するかわからない場合でも結構ですので、気軽に、当院形成外科へ相談にお越しいただければと思います。形成外科で治療を受けた方々が、笑顔で再び社会生活に復帰してゆく姿を見ることが、形成外科を専門とするわたしたちの最高の喜びです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

形成外科 医師紹介

氏名 担当医
役職 非常勤医師
出身大学
担当・専門分野

資格および当院兼職など

ページトップへ